人を繋ぐってなんだろう。

試食みかんlohasfesta

 

人をつなぐ。

旅をする前、今までもそれがテーマであった氣がしています。

2011の震災の年、僕の人生を変える出会いがあり、それを強く意識するようになりました。

人を繋ぐ 人が繋がる 「場」

家を開き、もちよりご飯会を催すと、色々な方面から沢山の人が遊びにやってきてくれて、そこで初対面の方同士が出会う。

新たに交流が生まれ、氣があった人同士は、もしかすると一生の付き合いになることもあるかもしれない。

そのきっかけで、パートナーができたり、人生を変えるような言葉と出会ったり。

子どもが出来たり、新たな人生の展開が生まれることもあるかも知れない。

そして、そうした様子を実際に見てきました。

 

特別な事ではなく、誰かが誰かの為に何かをしてあげた のでもなく、

なんらかの想いから創られた『場』があって

そこに自然に意識が向いて、集まった人たちが交流して、関係性が紡がれてゆく。

人生が紡がれてゆく。

 

長年の付き合いがあり、関係性の出来上がったような二人でも

初対面の人が入り、新しい視点で二人を観測する事で、関係性が変わる事もある。

互いを改めて見直すキッカケになったり

悪くなっていた夫婦仲が良くなったり、あるいは別れたりもする。

そうして 人と人との間に、何が起こるかは、誰にも予測が出来ません。

 

自分という存在

自分が一番良く良く知っているようでいて、実は一番わからないもの。

新たな環境(場)に飛び込めば、また違う自分が見えてきたり。

今までに無かったチカラが湧いてきたり。

 

私たちは、「関係性」として存在している

僕たちはこの世界に、独立した「点」として存在しているのではなく、

点と点を繋いだ線であり、その交わり合い、紡ぎあいの「場」として存在しています。

だから全部、人と人との関わりによって、変化してゆく。

そういう視点から観ると、自分の可能性に制限なんて設けなくていいんです。

自分の力は、自分一人の力に依るものでは無いからですね。

「個」というものは、あるようで、無いようです。

 

「可能性」は自力では無い

人に会い、存在を認識しあうと、もう交わりが始まっている。

あとは、無理をせず、「場」が自分から引き出す何かを

引き出されるままに出して、ただ、在る。

「”場”が求めるはたらきを秘めている事」

それが「自分の可能性」では無いかと思うのです。

 

そこにマインド=我(努力、根性、忍耐)が入り込むと、場が歪みます。

 

僕の旅の目的の一つとして、ご縁を繋ぐ、人を繋ぐ、という事がありますが

人を繋ぐ というより、僕がその場に関わる それだけで良いのだなと思いました。

 

写真:虹のネ農園の出店イベントにて。試食のみかんを「全部食べていいよ」と言ったら、こどもたちが集まってきました。そんな事でも新しい場が!

 

 



■メルマガ【カラタチのサトリ】の登録はこちちらから
QR Code

mail magazine



10/16より、 円を繋ぐ旅暮らし開始*
ゆく先々で是非お会いしましょう!

会ってみたい、話してみたい、ご飯食べたい、酒飲みたい、お話会をしてほしい
なんかしてほしい 施術やセラピーを受けたい という方は是非連絡下さい*

arumama.0@gmail.com
050-6863-8104(通話のみ)


 
試食みかんlohasfesta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

《心と体の療法家、身心研究家》誰もが自由に、ありのままに、身と心(しんとしん)を開放して生きてゆくヴィジョンを描いています。私の呼吸が深くなるとき、世界も深く響く。体を解放=心を開放すること。誰もが❝温もりに生きたい❞それが当たり前。「血の通った経済」を想い描いて、人を繋ぐ旅をしています。旅の応援、よろしくお願いします*