心が辛い時は、自分の中にいる”わがままな子ども”を見つめ撫でてあげよう。

チーターこども

辛さ、苦しさは、『本当の私からのメッセージ』

 

心がつらい、くるしい、せつない、悲しい

それは『本当の私』からのメッセージです。

「本当はこうしたかった」

「本当はこうして欲しかった」

本当の私は、愛されたがっているのです。

だれより、私自身に。

 

ないがしろにされたり、

無視されたり、

偽られたり、

無かったことにされてしまったり、

後回しにされたり。

 

そんな事が何より、辛いんです。

構ってほしいし、認めてほしいし

可愛がってほしい

微笑みかけてほしい。

 

それはまるで、私の中に”わがままな子ども”がいるかのよう。

 

私の中の”わがままな子ども”

 

わがまま、は、我のまんま、ワタシのまんまです。

だから、ワガママとは素直であるということ。

ワガママな方を見ると、コドモっぽいなあと思ってしまいますが、

自分の中の子どもを素直に表現しているんですね。

ほんとうの私たちは、誰もが子供なのかもしれません。

 

私の中の子どもが、いつも元気で居るための秘訣は、

私が感じる事、思ったことを”認めること”

 

自分の中に在る感情を認める

 

「私 今、こう思った」

「今、腹が立っている」

「凄く悲しい」

「切ない」

そんな感情が確かに自分の中に存在していることを、認識してあげること。

その感情を思い切り「感じ切ってあげること」です。

 

コツは、できるだけ他に意識をやらずに、感じたことに集中してあげること。

「あいつのせいで」とか、人のせいにしたりはよくありません。

明らかに人のせい!ということもあると思いますが、

その思いに囚われていては、ズレてしまうので、それは一旦置いておいて。

自分の感覚、感情に集中しましょう。

 

感情を否定、規定、評価しないこと

 

「こんな風に感じてはいけない」

「泣くなんて悔しい!みっともない!」

「こんなこと思うなんて私カッコ悪い!」

「間違ってる」

「怒っちゃ駄目」

「大人なんだから我慢がまん」

 

と、いう風にブレーキをかけることは、子どもを虐待しているようなもの。

心がどんどん固くなって、萎縮して、いじけてしまいます。

 

存在している事を、「存在してない!」と否定することは、

とても反作用が強いのです。

もし白いものを、黒い!と言ったとしたら、

周りの人に強い非難を受けることと同じ。

 

否定すら肯定しよう。ポジティブの落とし穴。

 

でもそんな「思い癖」がついているならば、それすらも、

「私、また我慢する癖が出ている」「否定グセがまた出てる」と、認識すること。

「思い癖はダメ!」「否定しちゃダメ!」というのも、ブレーキだから。

ちょっと難しい落とし穴なんですね。笑。

このあたりが、「ポジティブ教」の落とし穴でもあります。

 

全ての存在そのものが、「アイ」

 

自分が感じること、見えること、思い浮かぶこと。

それらは、『自分の中に存在するからこそ、感じている』のです。

そして、全ての存在は、愛を欲しています。

その存在を、認められることを欲しています。

認識し、触れられた時に、至上の喜びを感じます。

 

I am のアイ(愛)は”存在”を意味します。

殴られたり、叱りつけられたり、無視されたり、

嫌われたりして喜ぶ存在はありません。

そして、存在を認識することが、「 I 」なのです。

「 I 」。数字の「1」とも読むことができます。

 

心が疲れた時、辛く、苦しい時、このシンプルな「 I 」を思い出して下さい。

まず、自分を「認め=愛」してあげましょう。

全てはそこから始まります。

 


↑をクリックして登録*↑
LINE@限定情報をお届けします(^^)

チーターこども

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代の頃、自己肯定感の低さから、鬱病を発症、同時にアダルトチルドレン(AC)も発覚。自分の出来の悪さを呪い苦しんだが、才能はからだの感覚から開けるのではないか?と氣付く。結果うつ病とACを自ら克服。同時に自己肯定感と安心感が生まれ、自由な心となり様々な場面で自力を発揮できるようになる。その経験をもとに、整体+メンタルセラピーの施術で心と身体の関係を学んだ。15年に渡る心(思考)と身体(身体感覚)の探求を、メルマガや講座で「あたらしい心とからだの使い方」として伝えている。 書籍:「ありがとうございますはZEROのことば」2019年夏出版予定