全ては自分の中にある

 

といいます。

自分が見聞きする物事は、自分の中にある要素が、「現実」に反映したもの。

自分の中のテーマに沿って、人生は展開されてゆきます。

 

つまり、ひどい目や、恥ずかしい想いをしたとしても、

それを体験する必然があった。

自らの中にその種があったということ。

 

痛い思いや、恥ずかしい思い、辛い思い、悲しい思い

人との争いや、事故や、うまくいかない事。

できるならば、そのような出来事は御免被りたい所ですが、

全ては意味があって起こると知れば、それは自分の内面世界を掘り下げ、

より純度と密度を上げてゆく、大切な手がかり、足がかりとなってきます。

そして、そんなつらい体験に向き合い、乗り越えることは、

負のエネルギーを昇華させ、本当の意味で自分の「器」を広げ、

人としての「奥行き」を作り出してくれるとても貴重な体験だと思うのです。

 

人のせいにせず、全てを糧とする

 

ここで最も大切なこと。

全ては自分の中にある という事は、

「誰々のせい」という事はありえない。という事です。

 

「アイツのせいで氣分が悪くなった」というのは

その氣分を害した原因の「アイツの言動」に反応してしまう部分が自分の中にあったから。

 

「バカ」と言われて怒るのは、自分をバカだと思い込んでいるということです。

賢明な方は何も思いません。

「おまえの母ちゃんデベソ」(古い)と言われても、美しいおヘソの母さんだったら

「はあ?」って感じですよね?笑
「氣分の悪いアイツ」 別の見方で彼らを見れば

私の中に「解消すべき問題」を提示してくれているありがたいメッセンジャー

であるのです。(そういう人を受け入れなさい という意味ではありません)

 

生命には刺激が必要

ややこしい出来事にあったり、メンタルが揺れまくっている人を

「バイブレーションがよくない」

といって忌み嫌う事もあるかとおもいますが、

実際のところ、生きる事には刺激が必要です。

 

スピリチュアル的には、霊体だけ、魂だけになってしまえば、

いつもふわふわと天国のような心地もあるのかもしれませんが、

僕達にはカラダがあり、物質的な「イノチ」の法則の元で生命活動を行っています。

それには「抵抗」すなわち「ストレス」が必要です。

そもそも物質的に存在するという事は、「抵抗」無くしてはできません。

では「0ストレス」となることは、それは「死」を意味します。

 

何が言いたいのかと言うと、色々な事があるけど、

そういうもんだから恥じたり氣に病む必要は無いよということを伝えたい。

だから人を見下したり、見上げたりもしなくていい。

 

そう思います。

そう腑に落ちると、ストレスすらもウェルカム!その先にまた一皮むけた自分が見えてくるものです。

次の記事に続きます。

 


■メルマガ【カラタチのサトリ】の登録はこちちらから*

■注)”自分追求ドS/ドM限定”「マインドの破壊と新生」の登録はこちら*

 

鹿の影画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です