自己紹介と、旅に出ること。 

キンカントマト@ユイチル畑

こんにちは。
Blogや、ツイッターを見てくれている皆様、ありがとうございます。
突然ですが、旅に出ることになりました。
初めての旅。現在準備中です。

初めはこのBlog、「ありがとうございます瞑想」などの情報発信を
「我」を出さずに純粋なメッセージとしてやってゆくというコンセプトで開始しました。

僕が日常で得た氣付きやワークを発信して、より生き心地の良さを広めることができたらそれでいい。

でもこれからは、自分を出してゆこうと思います。
どんな人物が作っているのか。
どんな氣持ち、どんな状況なのか?
そういうリアルな感触は、大切ですし、
それが人を共鳴させるものだとも感じます。

── 関連記事 ──

〜旅ブログ〜

僕という人の人生の流れを簡単に。

昭和56年7月
北海道は小樽に生を受ける。
物心付く前に東大和市へ。
中学2年の時に親が別れ、母親と弟と共に関西へゆく。

高校を卒業し、大学に行くかと思いきや、バイトをしながら音楽の道へ。
ロックバンドでプロを目指し、大阪で勢力的に活動。
ストリートライブも毎週行う。
パートはドラムとコーラス。

27,8歳で、音楽をすっぱり辞め、整体の道へ。
人に依存せず、身一つで仕事をし、自由になりたい。
健康オタクでもありました。

田舎の方を見たいと思い、工場の住み込みアルバイトで、長野県安曇野市にゆく。

松本市の外れの古民家で、いわゆる「住み開き」 ゆるい人間関係のコミュニティーを作りつつ暮らしている方に会い、
そこで行われていた醤油作りの集まりに参加。集まる人たちのあたたかな空氣と居心地の良さ。

「こんな世界が、こんな人間関係があるのか」と衝撃を受ける。

とにかく人の垣根がなく、無理がなく、気取らず気張らず皆ありのまま。
それを見た僕はむしろ、自分の中にある否定感や、気取りが浮き彫りにされました。

中心(のような…そうでないような)になっている塩月さん夫婦(ナチュラルマーケットてとて@松本)の柔かな佇まいと、自然な暮らしぶりを見て、

「僕もいつかは、人が自然に集まり、縁を繋げるような存在になりたい」

という思いをひそかに胸に秘める。

てとて@松本市

てとて。古民家では珍しい二階立て。上ではライブなどの素敵な催しも。

夜勤の辛かった仕事の契約期間の終了後、実家に戻り、
整体を学ぶ為に新しい師(朱鯨亭、別所愉庵氏)のいる奈良に移住をしようと決める。

一年ぶりに開いたツイッターで「奈良に住みたい、畑がしたい」と呟いたのを、同じく久々にツイッターを開き、「奈良、畑」で検索をかけた田渕まさやくんが拾い
「シェアハウス、開いてるよ」
とのメッセージを貰い、田舎との繋がりがある彼とパートナーのともよちゃん(後に結婚)と奈良の暮らしが始まる。

彼らの精神性や、丁寧でひとつ一つを慈しむような暮らしぶりに強く感化され、今もそれが色々な所で生きていると感じる。

まさやくんの紹介で「バンビ整体」として、奈良オーガニックマーケット出店。
奈良の田舎の友人(農家、ミュージシャン、パン屋さん、八百屋さん、作家さん、旅人などなど)が多数出来る。
田舎暮らしの暖かさ、自由さとゆるさ、そして自然農法で無肥料で育った野菜の美味しさから、自然の偉大さと大切さ、命の強さを実感する。

人の繋がりと、自然との関わりの中で、自分の中のこわばっていたものがゆっくりゆっくり解けてゆく。

畑の少学校

大和西大寺の自給農法ワークショップ

シェアメイトの結婚と沖縄移住が決まった事により、シェアハウスは解散となり、奈良駅前から、大和西大寺に引っ越し。
ここで初めての畑をなんと無償でお借りできる事となる。

「自給農法」を伝える「畑の少学校」主催の市川ジャン氏と出会い、意気投合。彼を講師に迎え「畑の小学校@大和西大寺」を開催。自給農法、そして「大地の再生講座」を通し、自然への理解が深まる。
自身の思想も、施術の方針もより自然観に根ざしてゆく。

バンベジ会の開催と住み開き。

バンベジライブ

南山城村でのバンベジ会。ライブの様子。

自然療法家であるパートナーとの出会いに恵まれ、共に暮らし出す。
2013年7月「バンビ整体の持ち寄りベジご飯会」(通称バンベジ会)持ち寄りパーティーを毎月一回開催始める。
夢に見た住み開きの開始。「子どもたちに良い、本当に健康な食事」の啓蒙の意図もあり、ベジ、&オーガニック&添加物/グルテンフリーの条件付きの厳しさながら、参加者の料理のクオリティの高さと美味しさが公表を博し、紹介が紹介を呼び、平屋の一戸建てに多いときで一日40〜50人ほど(子供ふくむ)の人が訪れる。
会費はドネーション、楽しさだけで行う。
収益はほぼ無しだが、かけがえのない「人の縁という財」を築いた。
今もその財は減ることも、無くなることもなく、そのお陰様で安心して生きていると強く思う。

手作り野菜の美味しい料理が集う。

參加者が自由に出会い、交流し、それぞれに気の合う同士で新しくコラボレートしたり、創造したり、遊んだり、繋がっている様を見て、幸せな氣持ちに浸る。
思い返せば、松本で思い描いたビジョンの実現した瞬間であった。

南山城村に移住す築100年の古民家に住み始める。

カフェの開業を目指し準備しながら、古民家コンサートを開いたり、イベントに出店したり、
知人の茶畑を手伝ったり、ひととの繋がりの中で暮らす。
カフェ開業に至る前に、パートナーとの別れが訪れ、村を出ることに。

また田舎暮らしを考えていたところ、「自然本舗」西尾さんの紹介で、箕面の「自然農の畑つきシェアハウス」を紹介され、箕面に移住。
移住三ヶ月後には
“縁を結い、そこから各々に散り広がり、創造を広げる”
という思いを乗せ「箕面ユイチル畑」としてジャン氏とワークショップを始める。

身体ワークも取り入れ、
「五感で感じる畑」のコンセプトで行う。
ワークショップとしては5年目に突入。

整体の屋号を二度改め、最終的に知人に募った屋号名から、「アルママ整体」となる。経験を広げながら、体の痛みの元としての心理へのアプローチへと施術の幅が広がり、より人の心身への造詣を深める。

シェアハウス解散から旅へ。

シロアリ駆除剤の散布をキッカケに、自分と住人も体調を崩し、居住不能となる。
それによりシェアハウスは解散。縁あった近所の知人の離れに一次避難させて頂き、新しい住居での自宅サロン開業計画を進める。

そして、入居費用全て支払ったその後、引っ越しの三日前に、居場所を固定することに対する違和感。
肚の底から「旅に出たい」と心底思い、なけなしで払った25万円を「最高の自己投資」と理解し、マンションを解約。初めての旅生活を計画中。

僕の名は。そして、君の名は。

実は、「チヒ卜」と言う名前は、本名ではありません。
一番始めに整体を開業する(といっても自宅サロンですが)時につけた屋号でした。

「チ」は「地、血、千、智」という意味があり、「巡る」という意味もありました。

「チヒトとは、巡る人だ」と思い描いていたことを思い出す。

「そうなりたい」と思っていて、でも「自分には出来る訳がない」とも思っていた。
それはあくまでも、憧れ、理想の話。

それから幾年か経ち、ここ箕面に来て、色々あって「チヒト」を名乗り始め、そして内側の声に従って自然と

「巡る人」になる肚を決めた、いまここ。

バンド時代は、鬱も経験し、自己否定だらけだった僕は、

いまや「別の人」となり、笑顔で過去から僕を見ているようだ。

人生って分からない。
そして、自分の事が一番分からないもののようだ。

僕達がそれぞれに乗っているこの波の流れの何処にゆくのか?

きっとだれも分からない。
でも、だからこそ人生は本当に面白い。

次回、旅の目的やビジョンなどを書きます。



■メルマガ【カラタチのサトリ】の登録はこちちらから
QR Code

mail magazine



10/16より、 円を繋ぐ旅暮らし開始*
ゆく先々で是非お会いしましょう!

会ってみたい、話してみたい、ご飯食べたい、酒飲みたい、お話会をしてほしい
なんかしてほしい 施術やセラピーを受けたい という方は是非連絡下さい*

arumama.0@gmail.com
050-6863-8104(通話のみ)


 
キンカントマト@ユイチル畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

《旅の療法家、身心宇宙研究家》 ありがとうございますはZEROの言葉。日本中のありがとうをZEROにしたい。全てを癒すマインドフルネス「ありがとうございます瞑想」を伝えています。心身医学、野口整体施術者。体を解き放つ⇔心を開放する。“人生が変わる施術”を志して。旅の滞在先、施術会、お話会開催者随時募集中!呼んで下さい* 応援、よろしくお願いします*