誰でも今日から取り組める”悟り”

カモシカの親子

「差が取れた」状態が ”サトリ”因縁から「解ける」事が ”ホトケ”

 

悟りと仏

僕は宗教とは無縁ですが、

この2つの言葉には、なにかとても深いものを感じていました。

この言葉の解を知人より聞いた時、

身体の中を心地よい風が駆け巡った感覚を思い出します。

 

 

──宗教的な知識があるわけではありませんので、

詳しい方からしたらところどころ違うと言われるかもしれません

が、大切なのはどう実生活に活かせるかという事だと思っています──

 

「因縁」、「カルマ」と呼ばれる縛りから抜け出して

自由に生きれるようになった人の事を、「解けた人」

《 ホトケ 》と呼びます 。

 

問題意識という落とし穴

 

ここで陥りやすいと思われる注意点があります

 

「自分の宿命」から脱けだす

という考え方に囚われていると

どんな時でも必ず存在する

「光」に目を向けることができなくなり、

問題意識がまた問題意識を呼ぶループに突入してしまいます。

 

今この身に起こるすべてのことを、

きちんと自分ごととして承け、

全身全霊、身ぐるみまるごとで、味わうことが大切。

 

自由になる(ホトケになる)という事への欲求は

いま現状に問題を感じており

「今が良くないから」もっといい状態になりたい

という思考の根っこがあり、

それは、自らの現状に「NO」とレッテルを貼っていることになります。

 

これは、「自分という存在にNOを言っている」

という事。

 

ビジョンを持つ事は大切ですが

ビジョンを求める根っこがどんなものなのかが大切なのです。

 

思いの根っこを掘り下げる

 

「問題」「課題」と感じている思考を掘り下げて、

真ん中を確認する必要があります。

何故それを問題と思っているのか?

課題を解決した先にあるビジョンは何なのか?

 

それが不足感や、劣等感、損得勘定や、固定概念、思い込み

など「闇(病み)」を根っことしていないのか、どうか。

 

人間社会の中に観る自然のリズム

 

世の中には色々な立場の人がいます。

病気の人、健康な人、裕福な人、貧乏な人、大変な人に、らくらくな人。

 

その全てが、意味あって必然的にそのようになっており、

それぞれ役割とも言うべき、能き(はたらき)があります。

視点を上げて「生態系のバランス」として人の世界を観てみると、

その全てが絡み合い、完璧なバランスが成り立っています。

 

人と言う存在を「自然の生態系」として観たならば

そこには「問題」というものは存在しません。

 

循環が滞った部分があれば、

腐敗を促進させる働き(争い、不和)が自然と沸いて出て

一旦破壊が行われ、死が訪れたのち

また清々しく循環が再開してゆきます。

それはまるで、激しい嵐の通り過ぎ翌朝が、とても心地よく感じられるように。

 

人が自然に手を入れず、放置すると、その場所はどんどん森に戻ってゆきます。

それが人社会でも同じように起こっています。

人は自然から離れてしまいましたが、

大きく捉え、宇宙自然のリズムから離れることはできません。

 

自分を掘り下げ、生活の中で悟る

 

そして視点を「自然」と分けられた「自・分」 

というパーソナルな部分に戻します──

 

自らの身に起こるすべてのことは、全て自分の認識の影響を受けています。

自分の固定概念が、物事に対する感じ方を左右します。

 

身の周りに起こる物事に真摯に向き合うこと

それは自分の中に物事の”因”(種)を見出し、

ハラの底からの想いをもって行動することで

その根本的な部分を磨きクリーニングすることができます。

 

それが生活に馴染んで当たり前になってくると、

生活の全てが瞑想になってゆきます。

一言一句、一挙手一投足、全ての思考が瞑想になります。

それは、自分の内側を感じるこだけではなく、

身の回りのヒト・モノ・コトを、純粋に味わい愉しむことでもあります。

 

“全ては味わいである”という一元的な価値

 

そのような態度が腑に落ちると、

苦や不安の感覚も変わり、それすらも愉しむ対象になってきます。

 

そうすると、

 

  • ネガティブとポジティブ、
  • 良い悪い
  • 美しいと醜い
  • 生と死

 

などの「二極」(正反)の意味合いが自分の中で変わってきます。

モノサシの次元が上がり、

フラットになる 差が無くなる 差が取れる

=サトリ となるのです。

 

そうすると、身に起こる全ての出来事を受け入れて、

魂の求めるまま素直な自分として行動をするようになります。

そのように自分が変わると、今までの自分の回りのあれこれからの抵抗が生まれることがありますが

素直なままに、それを表し通す。

それが サトリ覚えると書いて「覺悟」(かくご)です。

 

完璧を求めず、その時々を味わい愉しむ

 

大きな視点から見ると、私たちは

この世界で自分の身に起こる全てを味わうために生まれてきました。

全ての経験にはそれぞれの「味わい」があります。

ネガティブな事、イヤだと感じていることもそう。

そして、きちんと味わい切ると

内面がクリアになり、伴って状況も移り変わってゆきます。

自分がする体験が、自分の現在位置をしるガイドの一つ。

同じことが繰り返すなら、まだクリアにする必要があるという事。

 

私の起こす全ての経験を味わい切る、覺悟。

それは悲壮な響きでしょうか

それとも愉しい響きがしますか。

その感じ方すらも、移り変わってゆきます。

 

ゆっくりと、それぞれのペースで

ホトケてゆけば良いのではないかと思うのです。



■メルマガ【カラタチのサトリ】の登録はこちちらから
QR Code

mail magazine



10/16より、 円を繋ぐ旅暮らし開始*
ゆく先々で是非お会いしましょう!

会ってみたい、話してみたい、ご飯食べたい、酒飲みたい、お話会をしてほしい
なんかしてほしい 施術やセラピーを受けたい という方は是非連絡下さい*

arumama.0@gmail.com
050-6863-8104(通話のみ)


 
カモシカの親子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

《旅の療法家、身心宇宙研究家》 ありがとうございますはZEROの言葉。日本中のありがとうをZEROにしたい。全てを癒すマインドフルネス「ありがとうございます瞑想」を伝えています。心身医学、野口整体施術者。体を解き放つ⇔心を開放する。“人生が変わる施術”を志して。旅の滞在先、施術会、お話会開催者随時募集中!呼んで下さい* 応援、よろしくお願いします*