僕らが生きる意味、生きるよろこびは?/音声あり

2019年、信念明けましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

初の音声配信です。

生きている意味について考えたこと、ありますか?

 

自分の存在に一体どういう価値があるのか。
自分の人生にどんな価値と、意味があるのか。
繰り返してゆく日常に何を見い出せば良いのか?
ぼくら人間は愚かな生を繰り返してゆくだけなのか?

 去年(2018)の後半くらいから、僕は世界に対して、言いようのないつまらなさを感じてしまっていました。ある意味「まあ、そんなもんかな」と、諦めていたような感覚だったのですが、それの答えとなる、湧いてきた“氣付き”をシェアします。(ちなみにいつもそんなネガティブなわけではありませんよ笑)

 去年は本当に色々な氣付きと、意識の技術の向上もたくさんありましたが、これは2018年度最大の氣付き といってしまいたいと思います!

《 内容 》

  • 僕達人の喜びの本質は何なのか?
  • 生きてゆくことへの虚しさに対する答え
  • 生きる意味はわからなくても、全てに共通する喜びがあった
  • ONE PIECE、ドクターヒルルクの言葉の真意
  • 憎い人でもありがたいんですよ。

 

 

感動した!感心した!と言う方は、是非是非、⇓のLINE@で繋がって、感想を下さい!限定情報の配信も行ってゆきます。(^^)

↑をクリックして登録*↑
LINE@限定情報をお届けします(^^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代の頃、自己肯定感の低さから、鬱病を発症、同時にアダルトチルドレン(AC)も発覚。自分の出来の悪さを呪い苦しんだが、才能はからだの感覚から開けるのではないか?と氣付く。結果うつ病とACを自ら克服。同時に自己肯定感と安心感が生まれ、自由な心となり様々な場面で自力を発揮できるようになる。その経験をもとに、整体+メンタルセラピーの施術で心と身体の関係を学んだ。15年に渡る心(思考)と身体(身体感覚)の探求を、メルマガや講座で「あたらしい心とからだの使い方」として伝えている。 書籍:「ありがとうございますはZEROのことば」2019年夏出版予定