カラタチのサトリ


 

カラタチ とは、「空が立つ」という意味で、

「カラダ」というコトバの語源です。

「空っぽ=ゼロ」のモノが立っている という事ですね。

つまり、カラダとは、空っぽの容れ物 です。

 

そもそも昔は「カラダ」という言葉は死体を表しました。

イノチあるそれを「身」 「ミ」と表現したのです。

果実も「ミ」と呼びますね。

 

空っぽのカラダに、「イノチ」が宿って「ミ」となる。

私達の本質は、カラダの中に宿る「イノチ」です。

それを「魂」といってもいいですし

「神」「宇宙」「自然」と表現しても良いのだと思います。

 

ですから、この「カラタチの声」を理解して、

大切に付き合ってゆくことで、

「自分自身のゼロ」

すなわち「魂」「イノチ」のありのまま

 

──サトリ( 差 取り )

 

の状態になるということが、この

「カラタチのサトリ」の意味するところです。

 

しかも、これには、いつでも、誰でも、どこでも

心がけ一つで、毎日の生活の中で

「カラダと向き合うこと」に取り組んでゆけばいいのです!

日常とかけ離れたような、厳しい修行はしなくても良いんですね。

このブログ「カラタチのサトリ」では、

そんな「カラダからの発想」や氣付き、

方法論などを発信してゆきます。

どうぞ皆様も、心とカラダと魂の冒険を共に楽しみましょう。

 

『カラダ』について、深く考えたことがありますか?


 

人、動物、虫、植物、

全ての生命、誰もが持っているこのカラダ。

深く考えるまでもなく、あるのが当たり前の存在。

でもカラダとは一体何なのでしょう。

忙しい日常に追われて、そんな事考える余裕はない。

カラダから意識が引き離されてしまっている。

それが今のこの社会なのだと思います。

 

創造の大本である『カラダ』


 

カラダにはとても沢山の性能があります。

世の中に存在する全てのテクノロジーは、実は

カラダに備わっている性能を元にして作られている

といったら驚きますか?

パソコン、機械、電話、車、自転車

ハイテクから、ローテクまで、あまりにも沢山あるものを一括りに

「ヒトの創造物」として考えましょう。

 

ヒトは機械に、ヒトの仕事をより円滑にさせるため、

新しい可能性を広げたり、

ヒトの代わりに仕事をしてもらうために「モノ」を創造します。

 

自分のアタマの中のビジョンや、音を、他の人が味わえるようにしたのが、

テレビであり、オーディオであります。

目でシャッターを切った一瞬の景色をシェアすることを、カメラで実現し

それに時間の経過と音声がつき、よりリアルに体験をシェア出来る

ビデオが生まれました。

 

そして人類史上最も偉大な発明とも言える、パソコン。

それはまるで人の集合意識の図書館にアクセスしているようなもの。

特定の情報を検索し、アイデアが「ダウンロード」される

考え方や、情報を身振り手振りで話して「アップロード」する。

この発想も脳の記憶の性質からのものですね。

 

カラダは最も緻密な「生命で構築された機械」


 

このように、全てのテクノロジーは人の「感覚器」「身体性能」を発想の大元としています。

見る、自分の状態や感情を発信する「目」

音を聴き、空間を感じ、記憶する「耳」

触り、具体化する「手」

空間や振動、湿度や、雰囲気を感じ取る「皮膚」

動物的カン、方向感覚を司る「鼻」

 

この五感がそれぞれ関わり合う事で、より感覚情報を立体的にし、

さらに感情へ昇華し、表現もする

そんな奇跡のような性能を持つ私達の「カラダ」

 

「カラダ」に優る機械はこれからも創造されることは無いでしょう。

 

カラダが抱えたコリシコリが、ヒトの可能性を制限する


 

まさに「神の創造物」という表現に相応しい「カラダ」ですが、

現代はあまりに多くのストレスがあります。

それにより、カラダにそのストレスやダメージが蓄積し、

「コリ」「シコリ」「ヤマイ」として

カラダの可能性を制限する形で残ってしまうようになりました。

ストレスについてはあまりに多くがあるので、此処では割愛します。

 

たとえば、肩が凝り、胸が収縮し閉じたなら

心も塞ぎ、人に対してオープンで無くなります。

オープンハート、あけっぴろげな方は、胸が開いています。

 

言いたいことを我慢すれば、喉が内側から絞まるような感覚が出てきます。

そういう時は、やたら咳がでる事もありますが、

それはカラダが喉の絞まりを緩めようとしているのです。

 

カラダは「我慢せず表現して欲しい」と伝えてくれているんですね。

 

心とカラダがズレた時に病となる。


 

このように、心とカラダは分け隔てなく繋がっているのですが

「心」がカラダから離れた判断をする事で

こういったカラダの欲求がカラダの変動

…つまり咳ですとか、痛み、違和感や不快感として出てきます。

 

それに氣付いてすぐに従えば、それは解消されます。

氣付かずに、我慢を続ける事で、「コリ」「シコリ」

果てには「ヤマイ」として

カラダに定着していってしまいます。

それは私達がその身に抱える問題として

カラダに残された課題、カラダからのメッセージと言えます。

カラダを開いて人生を愉しみ尽くす


 

このように、カラダの問題とは、私達の

ワタシとしての本質からズレた時に、問題として提示されたものです。

それは今まで生きて来た人生の中で、根深いものとなって残っているものもあります。

  • インパクトのある体験から来るトラウマであったり、
  • 幼いころの体験、両親との関係や家庭環境であったり
  • 間違った思い込みであったり、繰り返される習慣から来たモノであったり。

 

それらを昇華して、制限のない、心地のよいカラダとなることができれば

氣付かぬままに閉じていた感覚が蘇り

自分を思い通りに表現することができ、

より鮮明で、緻密であり、感動に満ちた日々を愉しめるようになるのです。

 

 

*タイトルを「ミのサトリ」としなかったのは、

コリ、シコリ、ヤマイのない

「ゼロの状態のカラダ」を志す事を大切にしたかったから です。


■メルマガ【カラタチのサトリ】の登録はこちちらから*

■注)”自分追求ドS/ドM限定”「マインドの破壊と新生」の登録はこちら*

霧の中の鹿 The truth is in your body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です