ゆめのたね放送局、ネットラジオに出演します。

 
 
東淀川で、心と身体のリラクゼーションサロンArcobaleno(アルコバレーノ)を営んでおられる 市川 八寿絵さんのラジオ番組の収録をして来ました!
 
 
 
 
ぼくは人生二度目のラジオ収録。前回は自給農法の市川ジャンさんと二人で取材を受けたから、ソロは初でした。
少しの不安も何のその、その場のノリで喋る喋る。「ラジオde蹲踞」という事で、リスナーさんが聴きながら出来るように蹲踞の姿勢の作り方からやり方まで、簡易な説明をさせて頂きました。さてうまく理解頂けるかどうか。
 
 
八寿絵さんのラジオのテーマは、«愛がテーマで地球の為に自分ができること»丹田のお話、蹲踞のお話。
なんで蹲踞がいいの?実は蹲踞で丹田を創る事で、トラウマや自己制限を開放できる!というかなりディープな話まで出てきました。ただの健康法、という浅いレベルから、精神や感覚や宇宙の話までどこまでも深くまで繋がっているのが丹田のこと。どんな志向の方でもそれぞれの好き好きに楽しめるのが蹲踞です。
 
 
八寿絵さんは丹田を施術に取り入れられて、施術の感覚が変わったとのこと。生活に落とし込んで、仕事の質も変わる。この実用性。身に付ければ最後お金もかかりません。
 
紹介頂いた記事はこちら 
 
やすえさんありがとうございます*
 
 
放送日程
 
6月7日前編
6月14日再放送
6月21日後編
6月28日再放送

 

ゆめのたね放送局、ラジオの聞き方
木曜日22:30〜23:00
「愛のかけ橋・Arcobaleno(アルコバレーノ)」番組URLにアクセス

http://www.yumenotane.jp/arcobaleno
こちらの《関西チャンネル》より聴くことができます*

 
 
Arcobaleno 阪急淡路駅徒歩3分

↑をクリックして登録*↑
LINE@限定情報をお届けします(^^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代の頃、自己肯定感の低さから、鬱病を発症、同時にアダルトチルドレン(AC)も発覚。自分の出来の悪さを呪い苦しんだが、才能はからだの感覚から開けるのではないか?と氣付き、探求の日々へ入る。結果うつ病とACを自ら克服。自己肯定感と安心感が生まれ、様々な場面で独自の感性とクリエィティビティを発揮できるようになる。野口整体から、心と身体の繋がりを学び、施術や独自のメンタルセラピーも行う。15年に渡る心(思考)と身体(身体感覚)の探求を、「あたらしい心とからだの使い方」として伝えている。 書籍:「ありがとうございますはZEROのことば」2019年夏出版予定